FC2ブログ
プロフィール

バツイチクリ男

Author:バツイチクリ男
日比谷のインペリアルで結納・挙式・披露宴をして、新居はタワーマンションに住んでそのまま幸せになるはずでした。

結婚前は女性から飲み会に誘われたり、チヤホヤされたりすることもあった。

女子大生のセフレもいた。

しかし8年で離婚!(子なし)

事業に失敗して5000万円あった貯金も今では50万円に。

今の俺に以前のような輝きはなく、現在は頭の中が腐りかけています。

仕事も恋愛もうまくいかずに暗黒時代に突入中!

こんなバツイチくそ男がグダグダ書くノンフィクションのブログ。

アラフォーになり、好きなように生きると決めた人間模様とリアルな心情を独自の視点で書いています。

綺麗事や感動秘話はありませんが、何か伝わるものがあれば嬉しいです。

一息つきたい時に聴きたくなる
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

フィールド(2)




【今日の一言】


まだ・・・

下らないことをしているのかと思った。


俺の友達は今頃嫁と子供と幸せな時間を過ごしているだろう。

振り出しに戻った現実を自嘲する。





ダイニングテーブルには男女6人がいた。


男性はアラフォーだろう。

女性は20代後半~30代前半位だろうか。


男性は不細工なデブばかりだったが

女性は綺麗だった。


ソファ席から見ていて俺の好みだった

ショートカットで美人のリョウコさん(仮名)の隣に割り込む。


顔はハーフ顔で

肌が白くて綺麗だった。


Eラインも良い。


素足なのがエロい。

横から見ると巨乳なのがわかる。


挨拶して乾杯する。


乾杯した直後に、

難しい展開になるかもしれないと思った。


この不釣り合いな男女が話をしているのに

女性が席を移動しようとしない。


男性側のスペックはいい。

3人とも医者だろう。


話を聞いていると、

やはり男性は先生と呼ばれている。


医者やサムライ業は

同業者を先生と呼ぶことが多い。


強引に美人のリョウコさんの隣に座ったが、

格好悪い展開になった。


医者の開催するホームパーティーに

医者が参加するのは当たり前だが

女性もそれを求めている人が多い。


リョウコさん 『お医者さんですか?』


自分から話そうと思っていると

先に聞かれた。


俺 『違うよ』

リョウコさん 『そうですか。何やっている人ですか?』

仕事を答える。


その瞬間、女性3人の対象から外れて行くのが

痛いほどよくわかった。


悪い気はしなかった。

わかりやすくて気持ちがいい。


もしかしたらダイニングテーブルから

ソファ席に移動した男性も医者ではなかったのかもしれない。


あの男性も席を移動するチャンスを待っていたのだろうか。


横山さんの人選はなかなかのものだった。

医者は自分よりもイケメンの医者を呼ばない。


不細工な医者や医者以外の人を呼ぶ。

そうすることで自分に人気が集まることを知っているのだろう。


その後も会話に参加するが、

興味を持ってもらえないし、

会話の主導権を握れない。


俺の右隣にいるリョウコさんは

俺に背を向けて横にいる医者と話すようになった。


話を聞いていると、

芸能事情に詳しい。


ヘアーメイクさんかもしれないと思った。


リョウコさんはバカそうにも見えるが、

もしかしたらイケるかも・・

と男に期待を抱かせる魅力がある。


業者系のパーティーよりも

女性のレベルは格段に高い。


そこに惹かれて男性は参加するのだろうが、

そこにいるのは美人だか

銭ゲバそうなのばかりだった。


三嶋さんが鞄を持って傍に来た。


三嶋さん 『次があるんで帰ります』

俺 『次はどこですか?』


三嶋さん 『六本木です』

俺 『パーティーですか?』


三嶋さん 『まぁ。一緒に行きますか?』

俺 『いや。もう少しここに残ります』


俺 『女性と連絡先は交換しました?』

三嶋さん 『いや。交換してもどうせ連絡しないんで・・・』


俺 『そうですか。じゃあまた』


三嶋さんはいろんなパーティーに参加しているのだろう。

スペックもいいから理想が高いのかもしれない。


しかし彼も結婚できるタイプには見えなかった。

多分、この中で一番モテない男は俺だろう。


医者でもないし、

たいしたスペックでもない。


40オーバーの男に必要なものを揃えていない。


暇なので適当なところで頷き、

適当なところで笑い、

周りを観察する。


女性から積極的にLINEやフェイスブックの交換をしている。


この場にいる先生でなく、

飲み会につなげようとしているのだろう。


ソファ席のほうを見ると、

マリエさんとチサコさんも帰ろうとしていた。

パーティーが始まって2時間位か。


女性幹事なのにと思ったが、

次の予定もあるのだろう。


このパーティーは前座だったのだろうか。


少し経つと、

リョウコさんも帰ろうとしていた。


酔っているのがわかる。

もうひとりの女性幹事と暫く話して部屋を出た。


俺も帰る準備をした。

横山さんへ挨拶して部屋を出る。


リョウコさんに興味があるというよりも、

彼女のエロさに興味があった。


リョウコさんの後に続いた。

並ぶと背が高い。


ヒールを履いていないが、

170前半位だろうか。


エレベーターの前でLINEの交換をした。

漢字でフルネームだった。


漢字でフルネームは

それだけで真面目そうな印象を与えることもある。


そこまで計算した女性ならば頭は良いかもしれない。


しかし彼女のLINEの画像を見て驚いた。

今、目の前にいる女性とは顔が違いすぎる。


目の前にいる女性はハーフ顔だが

ラインの画像は薄い顔をしている。


あまりにもサッパリした顔なので

別人に見える。


このギャップが好きな男性にはたまらないかもしれない。

油断の作り方もうまい。


リョウコさん 『何か疲れた・・・』


お前、喜んでLINEやフェイスブックの交換を

医者としていただろうとは言わずに、


俺 『お医者さんと盛り上がってたね』


リョウコさん 『いい人達だったけどね。少しオタクっぽくて・・』

俺 『良い医者は大体オタクだよ。また会うの?』


医者はチャラいか、

変態かに分かれることが多い。


リョウコさん 『飲み会誘われたけどね・・どうかわかんない』

俺 『行くの?』


俺 『オタクと遊ばないで俺と食事に行こうよ』

リョウコさん 『いいよ』


俺 『今から飲みに行かない?』

リョウコさん 『酔ったし、疲れたから帰る』


俺 『じゃあ食事は今度だね。家はどこ?』

リョウコさん 『○○』


俺 『送って行こうか?途中まで一緒だから』

リョウコさん 『本当?』


マンションを出てタクシーを拾った。


彼女の家の近くでもう1回誘うつもりだった。

女性は家の近くで飲むのは安心する。


まだお酒が足りない。

もう少しお酒を飲ませれば・・・


タクシーの中で自然にキスして

彼女の家に行ける流れかもしれない。


しかしそれ以上の発展はおそらくない。

良くて一発ヤッて終わりのパターンだ。


彼女は俺を選ばないし、

俺も彼女を選ばない。


まだ・・・

下らないことをしているのかと思った。


俺の友達は今頃嫁と子供と幸せな時間を過ごしているだろう。

振り出しに戻った現実を自嘲する。


やっぱりタクシーで彼女を送ったら、

三嶋さんに合流しようかと何となく思った。



こいつは俺の相棒で生意気な変態クマ野郎ですが、
極度のドM君なので安心して強めのクリックをしてあげて下さい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーサイト

テーマ: 婚活してます
ジャンル: 独身・フリー

フィールド(1)




【今日の一言】


自分がモテるフィールドで戦っている。

モテる人は自分のフィールドを知っている。





横山さん(仮名)が主催するホームパーティーに参加した。


ホームパーティーは

主催者に似たような人が集まりやすい。


女性も同じようなことを思っているだろう。


横山さんとは知り合いの知り合いのような感じだった。

まだ数回しか会っていない。


俺が横山さんの主催するホームパーティーに参加するのは

初めてだった。


新宿区内にあるタワーマンションは新築だった。

エントランス付近には引っ越し業者の車が数台停まっている。


オートロックは解除されていた。


中に入ると

通路やエレベーターには養生がしてある。


これから住民の本格的な引っ越しが増えるのだろう。

新築マンション独特の匂いがする。


俺は時間になるまでロビーのソファに座って時間を潰した。


住民を見たかったが、

待っている間に住民はそれほどいなかった。


パーティーの開始時間ぴったりに部屋へ入った。


女性から名前を聞かれて参加費を払う。

横山さんに挨拶する。


間取りは2LDKだろう。

20畳くらいのリビングに人が集まっている。


ローテーブルにソファと

ダイニングテーブルにイスがある。


まだほどんど男性しかいない。


俺はビールを飲みながら

知り合いがいないかチェックした。


知り合いは誰もいない。


窓から外を眺めていると、

色白のイケメン男性が横に来た。


お互いに挨拶をする。

三嶋さん(仮名)も横山さんとは会ってまだ数回らしい。


三嶋さんの印象は

イケメンで肌ツヤの良い色白の男性だった。

歯も白くてきれいだ。


こういうパーティーに参加すると

肌や歯や爪が綺麗な男性もいる。


美意識が高いのだろう。

そこにお金を掛けられるだけの余裕があるのもわかる。


三嶋さんの見た目は30代前半位だが、

40代前半でバツなしの独身だった。


お互いに仕事のことなどを話した。





暫くすると、

女性7人が部屋に入ってきた。


そのうちの3人が

紙袋をもってキッチンへ入った。


20時を回っている。

サラダだけ作るらしい。


料理はこれから出すようだった。


男女合わせて

20人前後だろうか。


リビングは狭く感じた。


イスには座れなかったので

俺と三嶋さんはソファに座った。


イスとソファに座れない人は

フローリングに座っていた。


いつの間にか

3グループに分かれている。


前に座っているふたりの女性に挨拶をして乾杯する。

簡単な自己紹介をした。


女性はバレリーナのマリエさん(仮名)と

オペラ歌手のチサコ(仮名)さんだった。


マリエさんの後輩の友達がチサコさんだった。

多分、マリエさんが女性幹事だろう。


年齢はふたりとも20代後半~30代前半位だろうか。

美人の部類に入る。


マリエさんは黒髪のロングヘアーをアップにしていた。

初対面だが、どこか物怖じしないような貫禄を感じさせる。


昔から俺はバレリーナが苦手だった。

リアクションが嘘くさい。


笑顔や驚いた表情が

演技のように胡散臭く見えてしまう。


姿勢は良い。背筋が伸びている。


座っていると背は高く見えるが

立つとそれほど背は高くない。


160センチ前後のバレリーナでも

座っていると170センチ前後に見えることがある。


マリエさん 『お仕事は横山さんと同業ですか?』

俺 『違うよ』


医者が主催するホームパーティへ行くと

多分、男性はよく聞かれる質問だろう。


横山さんは40過ぎても

全く女性に困っているようには見えなかった。


自分がモテるフィールドで戦っている。

モテる人は自分のフィールドを知っている。


三嶋さんも同じ質問をされた。

三嶋さんも違うと答えた。


マリエさん 『私、初めて呼ばれたんですけど・・・』

マリエさん 『よくこういうホームパーティーやっているんですか?』


俺 『どうだろう?俺も横山さんに呼ばれたのは初めてだから』

俺 『もしかして女性の幹事さん?』

マリエさん 『はい。チサコとあっちにいるキレイな子たちが私の友達です』


ダイニングテーブルにいる女性を指して言った。

目が合ったのか女性同士で手を振っている。


俺は向こうにいる女性のほうがタイプだった。


ひと際目立つショートカットの美人がいる。

多くの男性が狙っているだろう。


チサコさんは薄い顔をしているが、

秋田美人のような色白の女性だった。


まだ先輩の前で大人しくしている印象だ。


三嶋さん 『お友達も可愛いね』

マリエさん 『ありがとうございます』


マリエさん 『先週もここでやってたんだって・・・』

チサコさん 『本当ですか?』


マリエさん 『毎週やってるのかな・・・』

チサコさん 『やってそう・・・』


笑いそうになった。


横山さんからは今回の女性幹事さんが

バレリーナだというのは聞かされていた。


『前回は可愛い子を連れて来たので今回も期待大です』

とLINEに書かれていた内容を思い出した。


野暮なことは聞かずに適当に話を合わせる。


マリエさん 『横山さんのことあまり知らないんですけど、どんな人なんですか?』

俺 『いい人だよ』


マリエさん 『なんか細かくて人数集まったかって毎日連絡来るし・・・』

俺 『そうなの?』

マリエさん 『しつこくて。もう今回でいいかも・・・』


マリエさん 『横山さんて全然お医者さんに見えないですよね?』

三嶋さん 『確かにね』


マリエさん 『三嶋さんのほうがお医者さんっぽくない?』

チサコさん 『っぽい。っぽい。見える~』


三嶋さんは嬉しそうな顔をしていた。


昔、医者が主催するパーティーで

医者になりきっていたコンサルティングの人がいた。


コンサル系の人はハッタリがうまい。


参加した男性は知っていただろうが、

冗談でなりきっているのだろうと思った。


医者よりも医者っぽく見えた。


小太りで品の良い話し方をする人だった。

モテ方が違うと話していたのを思い出した。


仕事についての話になった。


マリエさんは新国立劇場でのバレエ公演の話を始めた。

チサコさんは夏からミラノへ留学するらしい。


バレリーナもオペラ歌手も楽器をやっている人もそうだろうが

ほとんどの人が食えていない。


平日は人に教えたり、

ホテルの配膳をやっていそうなイメージがある。

それでもプロとしての自意識は強い。


俺は周りの人たちを見ながら話を聞いていた。


このふたりと話すのが面倒臭くなってきた。


適当なところでドリンクを取りに行って

他の女性と話したいが、


ホームパーティーでは

この状況で男性から動くのは

失礼になるので動きが出るのを待つ。


女性ふたりがトイレに行くと席を立って

戻ってこないパターンがベストだったが

まだ移動しそうにない。


他の男性が来たらタイミングを見て

席を変えようと思った。





マリエさん 『バツイチくそ男さんて結婚してます?』

俺 『してないよ。バツイチ』


マリエさん 『やっぱりね。なんか独身っぽくないから』

チサコさん 『ん~、っぽくない。っぽくない』


マリエさん 『ガツガツしてないけど、冷めるって言われるでしょ?』

俺 『そう、言われるよ。愛に飢えてるからね』


チサコさん 『愛に飢えてるの?』

俺 『そう』


チサコさん 『ウケるんだけど~』


軽食が出てきた。


パスタとピザとカツサンドと

サラダとフルーツとピクルスが

ローテーブルに置かれた。


カツサンドはまい泉だった。

伊勢丹で買ったのだろうか。

遠くはない。


マリエさん 『でもバツイチっていいよね』

チサコさん 『40代のバツイチの男性ってモテますよ』

俺 『そうなのかな?』


マリエさん 『私もバツイチになりたいもん』

マリエさん 『羨ましいよ。女性で35過ぎてバツないと扱い悪くなるよ』

三嶋さん 『そんなことないでしょ』


マリエさん 『男はいいよね。40過ぎても遊べるから』

マリエさん 『35までもう少しだよ』


女の皺は魅力にならないが、

男の皺は魅力になることもある。


そんなことは誰でも知っているだろうが

暗い話題になっている。


フォローしようとするが、

何となくバツイチの話題になっていた。


マリエさん 『何故、バツイチになったか短く教えて』

俺 『短く?』


三嶋さん 『俺も知りたいかも』

俺 『お互いに未熟だったよね』


俺 『三嶋さん、過去に同棲とかしたことは?』

三嶋さん 『あるよ。でも結婚までは行かなかったけどね』


マリエさん 『結婚の前に同棲ってしたほうがいい?』

俺 『したほうがいいよ』


同棲しても、同棲しなくても

別れる時は別れるが、


戸籍には傷がつかないし、

親族も巻き込まずにすむ。


三嶋さん 『タイプとか、理想はどんな人?』

マリエさん 『ショーンコネリーみたいな人かな・・・』


三嶋さん 『・・・』

俺 『・・・』


チサコさん 『わかる~』

チサコさん 『外人てハゲてても格好良い人多いんですよね』


俺 『ショーンコネリーのどこが好きなの?』

マリエさん 『ワイルドでダンディなところ。ダンディな人って素敵でしょ』

俺 『確かに・・・』


俺 『チサコちゃんはどんな人がタイプなの?』

チサコさん 『あの人・・・え~と、スープストックトーキョーの社長の人』


三嶋さん 『丸メガネの社長?』

チサコさん 『そうです』


俺 『どういうところが好きなの?』

チサコさん 『オシャレじゃないですか。雰囲気とか。顔もタイプなんですよね』

三嶋さん 『割と可愛い系の社長さんだよね』


三嶋さん 『ふたりともハゲてない?』

チサコさん 『社長のほうはハゲてないですよ~』


チサコさんがスマートフォンで画像を検索して見せてくれた。

おでこは広いがハゲてはいないようだった。


コーカソイドとネグロイドは

ハゲていても格好良いというよりも、

髪がフサフサの時から前髪を作らないヘアースタイルの人が多い。


ほとんどの人がおでこを出した髪型をしている。

だから髪が薄くなってもあまり違和感がないのかもしれない。


日本人は前髪を作るヘアースタイルの人が多い。


昔の男性は元服したら前髪を切るのが一般的だが、

現在の男性は大人になったから前髪を切る人はいない。


そんな面倒臭いをことは言わずに、

日本人でもハゲが似合う人がいることを話した。


マリエさん 『三嶋さんはどんな人がタイプですか?』

三嶋さん 『この年齢になると、一緒にいて落ち着く人がいいよね』

チサコさん 『わかる~』


マリエさん 『年齢は?やっぱり年下?』

三嶋さん 『20代後半~30代前半位かな』


マリエさん 『三嶋さんモテそうだからいろいろと行けそう』

三嶋さん 『そんなことないよ』


マリエさん 『めっちゃ、肌とか歯とかキレイじゃない?エステとか行ってるの?』

三嶋さん 『行ってないよ』

チサコさん 『行ってそう~』


三嶋さんは一目でお金に余裕があるのが

わかる男性だった。


海外に会社を持っている。


タックスヘイブンのために

シンガポールに会社をもつのは古く、

今はフィリピンだと話していた。


俺 『三嶋さん出身は?』

三嶋さん 『大阪』


俺 『大阪のどこ?』

三嶋さん 『えっ?あぁ育ったのは和歌山だから』


三嶋さんはコンサルティングの仕事をしている。

ホラッチョ系には見えなかった。


大阪と京都と兵庫以外の

近畿エリアから上京した人は大阪出身という人が多い。


俺は一般的な東京人よりも大阪に詳しいので

大阪の話をするのは好きだった。


マリエさん 『バツイチくそ男さんはどんな人がタイプですか?』

俺 『お尻の大きい女性かな』


マリエさん 『え~なんで?』


ワンピースを着させて立ちバックする時に

興奮するからとは言わずに・・・


俺 『安心するんだよね。お尻の大きい女性を見ると』


マリエさん 『え~そうなんだ』

俺 『男は大体そうだよ』


俺 『ケツのでかい女を見ると安心するから』

マリエさん 『え~知らなかった』


チサコさん 『丈夫な子供が産めそうだから?』

俺 『それもあるね』


三嶋さんが苦笑いしていた。


ダイニングテーブルにいる

ショートカットの女性と目が合った。


話しかけたいと思った。

いや、俺がチラチラと見ているだけかもしれない。


暫くすると、

ダイニングテーブルにいた男性が来た。


簡単な自己紹介をして乾杯をする。


一通り話すと、

俺は席を移動した。



こいつは俺の相棒で生意気な変態クマ野郎ですが、
極度のドM君なので安心して強めのクリックをしてあげて下さい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

テーマ: 婚活してます
ジャンル: 独身・フリー

ドMの変態クマ野郎↓
こいつは俺の相棒で生意気な変態クマ野郎ですが、 極度のドM君なので安心して強めのクリックをしてあげて下さい。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
婚活・結婚活動(本人)ブログ↓
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。