FC2ブログ
プロフィール

バツイチクリ男

Author:バツイチクリ男
日比谷のインペリアルで結納・挙式・披露宴をして、新居はタワーマンションに住んでそのまま幸せになるはずでした。

結婚前は女性から飲み会に誘われたり、チヤホヤされたりすることもあった。

女子大生のセフレもいた。

しかし8年で離婚!(子なし)

事業に失敗して5000万円あった貯金も今では50万円に。

今の俺に以前のような輝きはなく、現在は頭の中が腐りかけています。

仕事も恋愛もうまくいかずに暗黒時代に突入中!

こんなバツイチくそ男がグダグダ書くノンフィクションのブログ。

アラフォーになり、好きなように生きると決めた人間模様とリアルな心情を独自の視点で書いています。

綺麗事や感動秘話はありませんが、何か伝わるものがあれば嬉しいです。

一息つきたい時に聴きたくなる
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

小舅




【今日の一言】

海外旅行?

お前、バカか。

たいして若くもないだろ。


そんな旅行に金を使うなら歯を治せよ!

矯正しろって。


歯石取ってホワイトニングしろ!


とは言えないから、

笑顔で海外旅行の話を聞く。





神社での自己紹介が終わると

バーベキュー会場がある農園まで

再び男女一列になって歩いた。


農園に近付くと、

動物の鳴き声がしてきた。

馬や山羊がいる。


肥料や動物特有の匂いもする。

田舎の匂いだ。


周りの田んぼには白鷺が一羽いる。


小雨が降っているので

ぬかるんで足元が悪い。

コケないように注意する。


農園の中にあるバーペキュー会場に着いた。

一応屋根はあるが、狭くて汚い。


チーム分けして行動することになった。


俺はAチームになった。

男性7名・女性5名の12名。

サムさんも同じだ。


男性はアラフォーで

女性は35オーバーか。


若い女性はひとりもいない。

みんなどこかむさ苦しい。


男性はひとり参加、

女性は友達との参加が多いようだ。


最初にAチームが

野菜を取りに行くことになった。


みんなで傘をさしながら移動するが、

ぬかるんで足元が悪いので

誰も野菜を取りに行きたがらない。


基本的に男性の役目だと思い、

ハサミとカゴをもつ。


プチトマト・ズッキーニ・ナスくらいしか野菜がない。

また収穫できるほど野菜が成長していない。


少し前に誰かが収穫したのだろう。


仕方ないので少量の野菜をハサミで切ってカゴに入れた。


サムさんは来ない。

その他の男性と女性も何もしない。


靴を泥だらけにして僅かな野菜を収穫すると

バーベキュー会場に戻った。


テーブルの上には

スタッフが用意した冷凍の焼き鳥と

トウモロコシが置いてあった。


焼き鳥は20串前後か。


Aチーム12名で

20串は少なすぎる。

これをチームごとに焼けということだろう。


野菜も1枚の紙皿に乗るせられる程度の量。


男が焼いて

女は野菜を切るかと思っていたが、

少量なのでやることがほとんどない。


包丁を使うのは

ズッキーニとナスとトウモロコシを切るくらいだ。


ズッキーニとナスは誰でも切れるが

トウモロコシは難しい。


料理をしている女性の姿は美しい。


見てみたかったが

やることがないので

ほとんどの女性は座っている。


紙皿や箸の用意もしない。


同じ職場なのか、

ふたりの女性が上司らしき人の

愚痴を言っているのが聞こえる。


ひとりで来ていたお団子ヘアのハルナさん(仮名)が

トウモロコシを切り始めた。


芯が固いせいか、切れない。

彼女は真上から垂直に切ろうとしている。


包丁は押して切るのでなく、

前後に動かしてテコの原理で切ったほうがうまく行く。


あまりにも下手すぎて

指を切りそうだ。


サムさんが代わりに切ってあげた。


前回と違ってタイプのスタッフもいないし、

道行く可愛い子もいない。


動きの悪いこの珍獣たちと

どう時間をつぶすか。


仕方がないので

隣のテーブルに酒を貰いに行く。


酒はカクテルしかないようだった。


ビールも何かに割って飲まなければいけない。

3杯目からは有料となる。


とりあえず酒を飲みながら

肉とトウモロコシを焼く。


隣ではサムさんがナスとズッキーニを焼く。


お団子ヘアのハルナさんが網を覗き込む。


同じAチームのよしおちゃん(仮名)も来た。

小島よしおに似ているので

サムさんがあだ名をつけた。


よしおちゃん 『その頭、中に何か入ってるの?』

ハルナさん 『入っていません。飴とかないですよ』


男はお団子ヘアを見るとイジりたくなる。

性的な魅力を感じないから

からかいたくなる。


よしおちゃん 『いつもその髪型?』

ハルナさん 『休みの日はそうですね』


よしおちゃん 『似合っているね』

ハルナさん 『ありがとうございます』


焼き鳥をひっくり返しならハルナさんに話しかけた。


俺 『うまそうでしょ。もう少しで焼けるよ』

ハルナさん 『美味しそう。さっきトウモロコシ切ったんですけど難しくて』


俺 『芯が固いから切るのは難しいよ』

ハルナさん 『普段はほとんど料理しないから慣れてなくて』


お団子ヘアのハルナさんの見た目は35オーバーか。

35過ぎて料理ができない婚活女子は

自分の価値をわかっていない。


よしおちゃん 『今日はひとりで参加したの?』

ハルナさん 『はい、友達が急に来られなくなって』


よしおちゃん 『普段、どのへんで飲んでるの?』

ハルナさん 『職場の近くとか』


よしおちゃん 『仕事何やってるんですか?』

ハルナさん 『メーカーです』


よしおちゃん 『モテるでしょ?』

ハルナさん 『う~ん、モテないですよ』


よしおちゃん 『飲み会の誘いとか多いでしょ?』

ハルナさん 『うーん、そんなにないですよ』


よしおちゃん 『本当に?可愛いのにね』

ハルナさん 『20代の頃は週末になると掛け持ちで合コンに呼ばれてましたけど・・』


ハルナさん 『30過ぎると減りますね』


まぁ、そりゃーそーだろーよ。

とは言わずに紙皿に

焼き鳥とトウモノコシを乗せて

テーブルに運んだ。


よしおちゃん、頑張れよ。


焼くものがなくなった。

あまりにも貧相すぎる。


仕方がないので

みんなで乾杯して食べ始めた。


その後も盛り上がることなく、

ダラダラと時間が過ぎた。


サムさんが隣にきた。


サムさん 『あの胸を強調している女どう思います?』

俺 『どれですか』


サムさんがテーブルの下から指をさす。


巨乳というほどでもないので気がつかなかったが、

胸元が開いた黒いシャツを着ている。


俺 『話してないですね』

サムさん 『ああいう女、ムカつくんですよ』


俺 『感じ悪かったですか』

サムさん 『胸なんか出して調子に乗ってるのに話しかけてもノリ悪いし』


確かに話しかけてもノリの悪い女性もいる。

男性も同様だろう。


タイプでないと、

俺もそうなりやすい。


席を移動した。


焼き鳥を箸で取って食べている

ショートカットの女性に話しかける。


一瞬、嫌な予感がよぎった。

開き直ったブスのような雰囲気がある。


俺 『焼き鳥、ちゃんと中まで火通ってる?』

焼き鳥の女 『うん、OK。顔、濃い人ですよね』


初対面の人には良く言われることだった。


しかし第一声で人の容姿について触れる人は

教養がない。


俺の顔が濃いんじゃなくて、

お前の顔が薄すぎるだろとは言えないので


俺 『子供の時からよく言われてたよ。親にもマルコって言われてた』

焼き鳥の女 『マルコって何?』


俺 『母を訪ねて3千里という古いアニメ。子供の頃、俺がマルコに似てたみたい』

焼き鳥の女 『へぇ~』


この女性は歯が汚い。

歯並びも悪すぎる。


顎変形症まではいかないが

明らかに歪んでいるのがわかる。


日本人は歯並びが悪くても、

手入れをしない人が多い。


俺の場合には初対面だと

どうしても女性の歯に目が行く。


母親と元嫁は歯がキレイだった。

エビの尻尾のような歯がぎっしりと隙間なく詰まっている。


顔の造作は生まれながらにしての運だが、

歯は自分でいくらでも治すことができる。


35オーバーだから

容姿が劣化するのは仕方ないが


歯まで劣化していると、

見た目で良いところが何もなくなる。


俺 『休みの日とか何しているの?』

焼き鳥の女 『海外旅行が好きだから、まとまった休みがあればすぐ行っちゃう』


俺 『アクティブだね』

焼き鳥の女 『海外旅行は若い時に行っといたほうがいいって年配の人はみんな言うよ』


海外旅行?

お前、バカか。

たいして若くもないだろ。


そんな旅行に金を使うなら歯を治せよ!

矯正しろって。


歯石取ってホワイトニングしろ!


とは言えないから、

笑顔で海外旅行の話を聞く。


こんな汚い歯の女に魅力を感じる男はいるのだろうか。

キスしたいと思うのか。


俺もキモオタだが、歯は矯正済みだ。


歯石取りとホワイトニングには

3ヶ月に1回ホワイトエッセンスに通っている。


前回もそうだったが、

婚活イベントに参加している女性は

海外旅行好きが多い。

そして歯が汚い人も多い。


歯が汚いからオトコができないのか、

オコトができないから歯は気にしなくなるのか。


歯の汚い女性は苦手なので席を移動した。


よしおちゃんは別の女性と話している。


サムさんは今日もやる気がなさそうだ。

しかし帰るまではわからない。

また密かに2次会の約束をしているかもしれない。


お団子ヘアのハルナさんには

男性が話しかけていない。


少し、話しかけづらい雰囲気があるとも言える。


団体行動ではスタートが受け身で暗いと

その後も受け身キャラが定着する。


周りを見渡すと、

女性の聞き役になっている男性が多い。


トークの苦手な男性は

モテる男は聞き上手だと思っているのかもしれない。


普段から人の話の聞き役になる。

上手に相槌を打つ。

上手に聞き返す。

それから?と言って話を続けさせる。


この間違った考え方が

会話下手にしている可能性が高い。


会話の時は相手に関心を寄せて話すようにしても

きちんと自分のパンチを出さないと、

本当にただの聞き役で終わる。


対等の関係においては

聞き上手は話し上手にはならない。


会話で自分の話しかしない人はバカだが、

間違った思い込みによって

受け身一辺倒で

自分の意見も言えない人もバカである。





終了時間になった。


スタッフが連絡先を交換して下さいと言っているが、

あまり動いている男性はいない。


ホームページにあった流しそうめんや

パイナップル焼きのデザートなどは

割愛されたようだ。


しかし婚活会社が主催する

バーベキューというのは

こんなに食材が少ないのだろうか。


食材がショボくて

男女一緒に作業もできなかったが、


サムさんの言う通り、

バーベキューは動く女性と動かない女性がいた。


20代の女性なら許せるが、

35オーバーで動かない女性はどうしようもないカスだ。


次は唐沢さんが勧めていた

高尾山に行ってみよう。


俺が求めているのは共同作業だ。

できれば一緒に汗を流したり、

一緒に苦労してみたりしたい。


俺は自分が小舅になっているのがわかった。


自分の価値をわかっていない

35オーバーの女性に厳しすぎる。


こうやってお局やイヤミな親父になっていくのだろう。



こいつは俺の相棒で生意気な変態クマ野郎ですが、
極度のドM君なので安心して強めのクリックをしてあげて下さい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

テーマ: 婚活してます
ジャンル: 独身・フリー

コメント

非公開コメント

ドMの変態クマ野郎↓
こいつは俺の相棒で生意気な変態クマ野郎ですが、 極度のドM君なので安心して強めのクリックをしてあげて下さい。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
婚活・結婚活動(本人)ブログ↓
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。